犬と猫の温度調節について

9月に入っても恐らくまだまだ暑い日が続きます。

連日の猛暑・高温・熱帯夜…。

思っている以上に体力を消耗します。

「どうすればいいんでしょう?」
「何かしてあげられることってある??」

ワンちゃんネコちゃんの平熱・体温は約38.5度

熱を発散したくても全身を毛におおわれておまけに、汗をかけるのは足の裏くらい。
自分たちで何とかできる状況ではありません!

いつも新鮮な飲み水を置いておく。

暑い時間に散歩に出ない。

そのほか、
普段のワンちゃんネコちゃんの環境を、もう一度確認してみましょう。

簡単にできること

    • ■ エアコンを使う

エアコンを使う

  • ・エアコンを使うときはワンちゃんネコちゃんのいる高さに直接風を向けないように。
  • ・特にお留守番のときには、エアコンの無い部屋と自由に移動できるようにしておきます。

カーテンをしておく

    • ■ シャワーで水を撒く

シャワーで水を撒く

  • ・シャワーでお風呂場に水を撒くと、少し涼しく、気分転換にもなります。
  • ・水はゆるい勢いで、足元やなるべく低いところに。

水遊びの好きなネコちゃん

    • ■ 凍らせたペットボトルを活用する!

凍らせたペットボトル

  • 凍らせたペットボトルは、氷枕や氷柱のかわりに使えます。
  • ・ペットボトルを凍らせて、タオルでくるんでベッドに。
  • ・凍らせたペットボトルを氷柱のように立てておくと、周りがひんやりと涼しいです。
  • ・結露をなめる子もいるのでペットボトルはよく洗ってね。

×いたずらっ子や何でも噛む子には使えません!

ウサギさんも暑さに弱い

エアコンは故障することもあります

「いつもエアコン」で油断していませんか?
エアコンは便利ですが、故障したり、台風などで停電することもあります。
そんな場合にも対処できるよう、「うちの子に合う方法」をいくつか探しておくと安心です。

いつもエアコン

冷やしすぎにも注意が必要

病気や高齢のため、「暑い」「寒い」の判断ができない子や足腰が悪い子、赤ちゃんもまだ自分で体温の調節ができません。
こまめに様子をみて調節してあげてください。
寒暖の差が大きすぎたり、冷やしすぎにも注意です。

日中は暑くても、朝晩は少しずつ秋の気配に。

もう少しだけ、頑張りましょう。