※ [+]をタップするとアンサーが表示されますU^ェ^U

サミーフィッシュについて

いつ食べさせれば良いですか?

「サミーフィッシュ」は食品ですので、いつ与えていただいても問題はございません。
毎日忘れずに続けられるよう、ご飯にふりかけて、または混ぜて与えていただくことをお勧めしています。

どのくらいの量を食べさせてあげれば良いですか?

体重による一日の給与目安量を参考にしてください。

<ワンちゃん(成犬)の場合>
体重を目安にしてください
5㎏未満 1日1g
5㎏~10㎏未満 1日2g
10㎏~25kg未満 1日3g
25㎏以上 1日4g

<猫ちゃんの場合>
1日1gが目安となります。

※1g=小さじ約1/2が目安です。

どのように食べさせれば良いですか?

いつものフードに1日1回~2回ふりかけてあげてください。
ドライフードをお湯でやわらかくする場合は、人肌程度に冷ましてからふりかけてください。(60℃以上で成分が壊れる可能性があります。)

たくさん与えても大丈夫ですか?

人での臨床試験では、目安量の2倍~3倍の量で早く効果が得られたというデータがあります。
摂りすぎによる問題はありませんが、総合栄養食ではありませんので、食事のプラスアルファとしてご利用ください。

どのくらいの期間、食べれば良いですか?

実感できるまでにある程度の時間が必要です。体質や個体差もありますので、一概には言えませんが、まずは3ヵ月~半年くらいを目安に続けていただくことをお勧めします。
サミーには、病気や老化の原因となる活性酸素を取り除き、健康を健康を維持するはたらきがありますので、愛犬愛猫の幸せな一生のために、できましたらずっと続けていただくことをお勧めいたします。

副作用の心配はありませんか?

副作用の心配はありません。
「サミーフィッシュ」の原料は、国産の「カツオ」「イワシ」「アゴ」「シイタケ」「昆布」とサミー(酵母)だけです。保存料などの添加物は何も入っていません。安心して与えてあげてください。

アレルギー体質なのですが・・

アレルギーをお持ちの場合は、原材料を確認ください。ご心配な場合は、かかりつけの獣医師にお問い合わせください。
【原材料】
カツオ(鹿児島産・静岡産)、イワシ(青森八戸産)、あご(長崎五島列島産)、昆布(青森大間産)、椎茸(青森八戸産)、
酵母(サミー含有)
すべて国産の天然物で、食品添加物や防腐剤などの化学物質は一切用いておりません。

塩分量はどのくらいですか?

ナトリウムとして、100gあたり1.1g、1日量の目安となる1g中には0.001gとなります。

<おやつなどに含まれる塩分と脂肪(100gあたり)の例>
犬用ジャーキー(※2):1~3g
犬用ビスケット(※2):1~3g

(※1)食塩相当量はナトリウム×2.54で算出
(※2)一般的な犬用(たからもの調べ)

薬と併用しても大丈夫ですか?

サミーフィッシュは食品ですので、基本的にはお薬との併用に問題はありません。
重篤な疾患で栄養成分の制限などがある場合には、かかりつけの獣医師にご相談ください。
サミーは獣医師もよくご存じの成分です。

賞味期限はありますか?

商品の裏面に表示されています。サミーフィッシュは香りを大切に考え、賞味期限は製造より8か月と一般の食品より短くなっております。

保管はどうすれば良いですか?

防腐剤や乾燥剤を用いておりませんので、開封後は、チャックをしっかりと閉め、冷蔵庫で保管ください。

品質は大丈夫ですか?

「サミーフィッシュ」は、老舗料亭へも提供される国産高品質な原料を用い、人間用と同じ製造所で管理製造されています。
その美味しさ、品質の良さには自信があります。飼い主さまもぜひ味見をしてみてください。

サミー(SAMe)について

サミー(SAMe)とは何ですか?

動物の細胞一つ一つの中に存在する成分で、数百種類の生理反応に関わっているといわれています。
特に、肝機能、関節炎の改善、脳機能障害に効果があることが多くの臨床試験により確かめられています。
たからもので用いているサミーは、清酒酵母に含まれる天然のサミーです。