銅の重要性と注意点

犬にとって、銅はとても重要な存在です。
体内に微量しか存在しませんが、
様々な多くの代謝反応に必要なものです。
例えば被毛の色素を生成するメラニンの合成に銅が必要とされます。

食品では、肉類をはじめとして、たんぱく質含有量の多い食品などに多く含まれます。
大豆、えんどう豆など豆類がその代表とされています。

銅の過剰摂取に注意

ダルメシアン犬種によって、銅の過剰摂取が甚大なトラブルを引き起こす要因ともなり得るので、注意が必要です。

  • ベドリントンテリア
  • スカイテリア
  • ウエストハイランド・ホワイトテリア
  • ドーベルマン
  • ダルメシアン

などは、肝臓に銅を蓄積しやすい体質をしています。

通常、過剰な量が摂取された犬の体内では、肝臓が、余分量の銅を排出する働きが行われるのですが、上記した犬種の場合、この排出の機能が得意ではなく、摂取した量がある程度まで、体内に蓄積される量と比例することになります。

これらの犬種に対しては、

銅単体のサプリメントを与えることは、かえって有害な結果を導いてしまう

ことがありますので、注意してください。銅濃度の低い食事を与えることが推奨されています。
肉、豆、穀物などの量に気をつけましょう。

銅が欠乏する影響とは

赤血球犬を飼っている方の中には、飼い犬が貧血を起こしてしまうことで心配になった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
貧血に対処するには、酸素を運ぶヘモグロビンという成分が不足しないようにする必要があります。
ヘモグロビン生成には鉄、葉酸などが必要となりますが、は、鉄が吸収されるのをサポートする役目をもちます。

明らかな欠乏を起こしているときは、まず犬種を確認して、肝臓の銅の排出に問題がないかを確認します。
その上で、与えるかどうかを判断してください。