動物病院からのモニター報告書

肝臓にトラブルを抱えるワンちゃん達に獣医さんの指導の元、4か月間サミーフィッシュを食べてもらいました。
ちょう動物病院さまから、「悩み」「苦しみ」そして「驚き」や「気づき」「喜び」を余すところなく報告いただきました。
同じ悩みを抱えていらっしゃる飼い主様のお力に少しでもなれたらと願っております。

ちょう動物病院 長院長さま そしてスタッフの皆さま 心より感謝申し上げます。

ちょう動物病院より総評

モニター結果
サミーフィッシュモニターに関して、全ての飼い主様から得られたのは「ご飯をおいしく食べられるようになった」「食欲が出た」との声でした。
食は毎日のものであり、食欲不振や食べムラは日々の生活を管理する飼い主様にとって、非常にストレスの高いものであると考えられます。
そんな中でサミーフィッシュが食欲安定のきっかけとして成果を残せたことはサプリメントとしてとても優秀だと思います。
また、肝酵素に関しては今回細かな条件をつけずにモニターを開始したため、数値の下降にバラつきがみられたものの、一部の動物に対して肝数値の安定及び下降が確認されました。
このことから、医学的実証としてはまだまだ不十分ではありますが、サプリメントとして期待する効果効能においては十分な結果を得られたと判断しています。
また、薬っぽくなく、給仕が簡単だったというのもオーナー様としては良かった点だと思います。鰹節のようなおいそうな香りのも含め、本当に人の白米にふりかけをかけているような感覚で、ご飯をあげる人が実際にふりかけても「おいしそう」と思えるというのは「毎日続ける」という中で大きなメリットであると考えます。
それは人の日常の中に溶け込みやすい方法であればあるほどストレス無くあげやすいということにつながるからです。
実際、飼い主様に話を聞くと、今回のモニター様に限らず、最初は一生懸命あげていたけれど段々あげなくなってしまって、飲む方が良いのはわかっているけれど、結局あげなくなってしまったという声は本当に多く耳にします。また、味や匂いを含め、薬の要素が多くなると動物たちも食べなくなってしまったり、あげる方も心が折れてしまったりとうまくいかないことが多いというのはわかっていました。
モニター結果
そういた点でもサミーフィッシュのように違和感なく、ストレスなく与えられるものはサプリメントとして長期服用を目的とする中でとても有効です。
今回のモニターに関してましては、検体数も少なく、細かな制約も作らずに実施したので、肝酵素下降への有効性を目的としてのモニターという意味では不十分なところが多く見られましたが、大前提である「美味しく、ストレスなく食べてもらう」という点において、期待通りの結果を得られたと判断します。


モニター結果は以下よりご覧ください!