犬の目の健康をサプリで維持しよう

犬は、ピントを合わせるのが苦手な動物です。
 
さらに、目における病気リスクも多くあり、トラブルになる前に、サプリメントなどで予防をしておきたいものです。
 

視力低下を導く目の病気

視力低下を導く目の病気としては、白内障・緑内障が有名です。

緑内障は眼圧の上昇で発生します。
瞳孔が開いたり、目が充血したりという兆候があります。

白内障は、水晶体が白色に濁ってしまい、視力低下や
場合によっては失明にもつながりかねない重大な病気です。

 

視力これらの前兆として、飼い犬が視力を落としているようなそぶり、つまり
壁に頻繁にぶつかる
頭を撫でるとビクッと驚く
といった挙動に敏感になっておく必要があります。

 

 
しかし、室内飼いの犬だと、住み慣れた空間で過ごすのに視力が落ちていても見た目にはわからないくらいの慣れを見せますので、認識が遅れることがあります。
テストをするなどして、もし眼病にかかってしまっていても早期発見ができるように、注意しておきましょう。

目の健康に効果が期待できるサプリメント

そうなる前に、サプリメントで目の健康に役立つ成分を補給する習慣をつけておくのがベターです。

ビタミンEは、脂溶性のビタミンです。

抗酸化作用をもち、網膜の異変を予防する働きを持ちます。

アスタキサンチンも脂溶性の物質で、強い抗酸化作用を有しています。

抗炎症作用も期待できます。
その強力さは、ビタミンEの数百倍に及ぶとされており、眼病ケアのサプリメントに含まれていることが多いものです。

アントシアニンは、視覚機能をよりよく改善する機能があるとされているものです。

ブルーベリーに多く含有されており、人間の目のケアにも用いられることがあります。
緑内障の進行の抑制にも効果があるという報告もあります。

ブルーベリー
 

これらは単独で犬専用のサプリメントとしてはあまり販売がなく、「犬のアイケアに」といったような謳い文句で、複合的に調合した製品が多く販売されています。
 
 
 
まだうちのは若いから大丈夫、ということはありません。
若いうちから目を大事にしておけば、老齢になっても健康でいられるのではないでしょうか。