犬の皮膚病をサミー(SAMe)でケア

皮膚病をサミーでケア

犬は皮膚病リスクが高い動物で、
大事な飼い犬を健康な皮膚に保つには、
日頃から食事などで必要十分な栄養を与える
ことが大事です。
 

 
 

皮膚病のタイプ

犬の皮膚病には様々なタイプがあります。

その最も多いパターンが、感染症に原因を持つものです。
免疫が弱っている状態や、栄養の欠乏に起因し、ニキビダニ症、皮膚糸状細菌症、膿皮症などが挙げられます。

アレルギーも皮膚病の原因になります。
ハウスダストやダニ、カビなどが原因となったり、あるいは首輪の材質によって引き起こされることもあるのです。

皮膚病と免疫力

皮膚病には様々な原因となるものがありますが、総じて、それらの負荷やストレスに抵抗して健康を維持するために大事なのは、免疫力です。

免疫力の向上にはビオチンビタミンEエンザミン、そして乳酸菌などが働きます。
免疫力には、腸内環境が深く関わっています。ですので、腸内環境を整えるサプリメントを与えることも、結果として、免疫力アップ、皮膚病リスクの低減ということにつながります。

皮膚病対策・予防のためのサプリメントはこうした観点から、複数の成分を調合して開発されているものがほとんどです。
 

サミー(SAMe)
 

含まれる成分の主たるものとしては、免疫力アップのための乳酸菌、細胞生成のためのサミー(SAMe)やRNA核酸、栄養としてモリンガ、関節のためにサミー(SAMe)やグルコサミン、酵素を多く含む米麹、などです。

目に見えて皮膚に損傷や問題が現れてからのケアでは、根本的に治癒に至らないことがありますので、日頃から飼い犬の挙動を観察しておくようにしてください。

  • かゆみを感じている様子が続いている。
  • ふけが増えた。
  • 部分的には発熱している。

これらは皮膚病の前兆である可能性が高いので、その時点で皮膚病対策を始めた方が良いと言えます。