私も推薦します!

愛犬の健康問題は飼い主さんにとってしつけ以上に大切なことだと感じています

中西典子

中西典子
一般社団法人日本メンタルドッグコーチ協会代表理事 / DoggyLabo代表
アラン・コーエン公認ライフコーチ
日本メンタルヘルス協会プロコース修了
K9ゲームオフィシャルプロメンバー
プロフェッショナルドッグセラピスト
レイキマスター

私がSAMeと出会ったのは、以前、レッスンで伺った飼い主さんからいただいたメールがきっかけでした。
2017年の3月に、アクセルがふらつくようになり、ブログで歩く様子をアップしたところ、とてもいいサプリがあるということで教えていただいたのが、犬のためのふりかけサプリ、サミーフィッシュでした。
シニア犬だし関節に何か問題がでてきてしまったのでは?と思い込んでいて、まさにサミーフィッシュは救世主!と思ったのですが、そのほかに脳機能や肝臓もサポートしてくれるという、シニア犬を数頭抱えている飼い主には大変嬉しいものでした。
私自身、できるだけ西洋薬を飲みたくないということもあり、犬たちにも同じ考えでしたが、クロノスのてんかん発作は代替医療ではなかなかおさまらず、主治医のすすめで西洋薬を使うことになったのですが、幸いそれが効いてくれて、かなり頻発してしまっていた発作は劇的におさまりました。
ただ、投薬による肝臓への負担が心配でしたので、漢方や代替医療、食事療法、さらにSAMeを与えてサポートしてきたところ、薬を飲ませ始めて10ヶ月経ちましたが、先日の検査で、なんとクロノスの肝臓の数値はまったく問題ありませんでした。
愛犬のモンダイ行動でお悩みの飼い主さんのお宅へうかがいサポートするという仕事を16年してきましたが、愛犬の健康問題は飼い主さんにとってしつけ以上に大切なことだと感じています。必要に応じて、おすすめしたいと思います。

18年前に家庭犬訓練所に入所しましたが、体罰を使った訓練が嫌で退所、シドニーに渡り、ドッグトレーニングアカデミーを修了し帰国、Doggy Laboという屋号で、愛犬のモンダイ行動で困っている飼い主さんのお宅へ伺い、サポートする仕事を始めて16年、個人レッスンで出会った犬たちは既に2000頭を超えています。窮屈な「犬のしつけ」をするのではなく、私が考えた「よりそイズム」で、犬という種を受け入れ、よりそい、信頼関係を築くお手伝いをしています。人の都合で犬の行動をねじ曲げるのではなく、犬の幸せのために人の考え方を変えることをお手伝いする、メンタルドッグコーチという職業もつくりました。日本の飼い主さん、愛犬をもっとハッピーにする!というのが私の使命です。


<著書>
「飼い主革命」グラフ社
「犬のモンダイ行動の処方箋」緑書房
「犬のモンダイ行動の処方箋2」緑書房
「犬の本当の気持ちがわかる本」主婦の友社
「愛犬の悩み解決BOOK」高橋書店
「ウチの犬は、これでトイレ上手になりました」ナツメ社
「犬バカですが なにか?」(Amazon Kindle版)
「犬とのよりそイズム」緑書房
その他